今だから知りたい吉田松陰

第1回 吉田松陰とは

語り手:大江戸蔵三
都内の某新聞社に勤める整理部記者。三度のメシより歴史が好きで、休日はいつも全国各地を史跡めぐり。そのためか貯金もなく、50歳を過ぎても独身。社内では「偏屈な変わり者」として冷遇されている。無類の酒好き。

聞き手:吉田なぎさ
都内の某新聞社に勤める文化部の新米記者。あまり歴史好きではないのだが、郷土史を担当するハメに。内心ではエリートと呼ばれる経済部や政治部への異動を虎視眈々と狙っている。韓流ドラマが大好き。

ムダ毛?のない人生

こんにちは、大江戸さん。文化部の吉田です。今度都内版で「今だから知りたい吉田松陰」っていう企画を始めるんですけど「そういう企画なら、まずは大江戸さんに聞いてこい」ってウチのデスクが言うもんですから、整理部の方へお邪魔したっていうワケです。それにしても、大江戸さんって変わった名前ですね。なんかの芸人みたい。

それは江戸屋猫八のことか?失礼なヤツだな。キミだって売れないアイドルみたいな名前じゃないか。ワタシはこう見えても忙しいんだよ。キミと付き合ってる時間なんかないの。さぁ、帰った、帰った。

まぁ、そう言わないで。タダでお話を聞こうなんて思ってませんよ。デスクが「蔵三さんの好みだから探してこい」って言われて、これを苦労して見つけてきたんですよ。

おおっ、これは「香露」の大吟醸じゃないの!熊本酒造研究所、協会9号酵母発祥の蔵だよ。いやぁ、これが飲みたかったんだよ。キミも生意気なだけかと思ったら、結構いいとこあるじゃないの。ところで、何を聞きたいんだっけ?

「今だから知りたい吉田松陰」っていうテーマです。地元の世田谷には松陰神社(写真右)がありますけど、「吉田松陰って何をした人?」って聞かれると、ワタシを含めてちゃんと答えられない人が多いんです。

ははぁ。吉田松陰とは大きく出たねぇ。神社に祀られてるってことは神様だからなぁ。まぁ、幕末から明治にかけてはいろんな人が神様になってるけどね。西郷隆盛とか乃木希典とか東郷平八郎とか…。

神様になっちゃうんだから、それなりのことを成し遂げた立派な人だったんでしょ。

明治以降に神様にまつりあげられた人たちはたいてい国策だよ。特に乃木、東郷という日露戦争の両巨頭はね。そういう意味では靖国神社も国策なんだけど、これはちょっと事情が違う。要するに、松陰の場合は長州閥が明治政府の主導権を握ったから神様になったということだね。偉業を成し遂げたというだけなら、坂本龍馬だって勝海舟だって神社のひとつぐらいあってもいだろ。

あれっ、京都にそういう神社ってありませんでしたっけ。


霊山護國神社だろ。あれは志半ばで散っていった維新の志士達を祀る神社だ。その中には龍馬も含まれるけど、川路聖謨とか岩瀬忠震とか小栗忠順とか、本当の意味で日本を救った幕臣はひとりも祀られていないし、会津藩士に至っては、いまだに「逆賊」のままで、靖国神社にすら入れてもらえない。

ふ〜ん。そんなこと今まで考えてもみなかったわ。


だからさぁ、歴史というのは勝者が作るものなんだよ。明治政府は徳川幕府を崩壊させて薩長土肥がこしらえたものだろ。当然、悪いのは徳川で良いのは自分たちということになる。歴史をさかのぼれば、去年低視聴率で悩んでた平清盛ね、あれだってそのあとに天下を取った源氏が極悪人みたいに吹聴したから悪者イメージが定着した。

そういえばライバルの玉木さんの方が松山さんよりハンサムだったし…。


そういう問題じゃないだろ。清盛っていうのは歴史的に見れば織田信長に匹敵する改革者だよ。宗教を恐れない近代的合理主義も、商工業や海外貿易を重視する点も、冷酷なようで実は人一倍気を遣う点も、この二人は良く似ている。まぁ、違いを言えば信長は急逝して伝説化したけど、清盛は長生きが仇になった。

よくわからないけど、大河ドラマの主人公になるような人ではあったわけね。

いずれにしても、歴史というのは敗者の目からも眺めてみる必要があるということさ。松陰の場合、多くの弟子達と同様、歴史の上では勝者の側にいるけど、その多くは若くして命を落とした、いわば時代の殉職者だ。決して栄光に満ちた生涯とは言えない。

龍馬と同じように、生きて明治政府の要人にはなれなかったわけでしょ。確かにそういう意味では人生の「勝者」っていう感じじゃないわね。

松陰は肖像画なんか見ると老けて見えるけど、29歳で亡くなったんだぜ。今年の大河ドラマでは小栗旬が演じてただろ。実際の松陰はあんなにハンサムじゃないけどね。一番弟子の久坂玄瑞は24歳、高杉晋作は27歳で死んだ。それでもしっかりと歴史に名を刻んでいるだろ。そういう意味では、現代人に比べると一秒たりとももムダのない人生だ。

ははぁ〜。蔵三さんの人生ってムダが多そうですよね。ムダ毛はなさそうだけど。

余計なお世話だよ。ワタシの髪の毛は薄いけど、松陰の29年間は恐ろしく密度が濃いんだ。しかも、いまだに世の中に影響を与え続けている。だから現代人にとっては、歴史上の勝者、敗者といった結果の解釈ではなくて、世情に流されることなく、ただ己の信ずるがままに生きたこの人の生き方そのものを学ぶことに意味があるんだよ。

ページトップへ戻る